沈黙の臓器

「沈黙の臓器」とも言われる肝臓に中性脂質やコレステロールが多く溜まった脂肪肝(fatty liver)は、肝硬変や糖尿病などの色々な疾病の元凶となる可能性があるといわれている様だ。

通常は水虫といえば足を思い浮かべ、事足指の間に現れる病気として知られている様だ。

が、原因菌である白癬菌が感染するのは足しかないのではなく、全身いたる所にかかってしまう危険性があります。

年齢を重ねる事が原因の耳の聞こえにくさにおいてはゆっくりと聴力が低くなりますが、普通は還暦を過ぎないと聴力の減退を確信を持って認識できません。

亜鉛は、DNAや蛋白質の合成に働く様々な酵素や、細胞・組織の代謝機能に関係している酵素など、200種類以上も存在する酵素を構築する物質として外せないミネラルの一つなのだ。

美容成分としても有名なヒアルロン酸は人の細胞と細胞の間に多く存在していて、水分の維持やクッション材の機能で大切な細胞をガードしている様だが、老化とともに体内のヒアルロン酸は少しずつ少なくなっていきます。

肥満の状態は当然の事ながら栄養バランスや食生活の質、運動不足が原因ですが、一緒の量のお食事だったとしても、あっというまに食べ終わる「早食い」をする事により体重過剰に陥っている肥満の状態を招きやすくなると考えられている様だ。

歪みが生じてしまうと、臓器は互いに押し合うため、つられて他の臓器も引っ張り合うため、位置の移動、臓器の変形、血液や細胞の組織液、ホルモンの分泌等にもあまりよろしくない影響を齎すのだ。

身体に歪みが生じてしまうと、内臓同士が圧迫し合って、その他の内臓も引っ張られるため、位置の異常、臓器の変形、血液や細胞の組織液に加えてホルモンの分泌等にも良くない影響を及ぼすと言う事です。

もしも婦人科の血液検査で事実上エストロゲンとゲスターゲンの分泌量が基準値を下回っていて早期閉経と分かったら、不足分の女性ホルモンを補充するような医術で良くなります。

腹部の右上にある肝臓に脂質やコレステロールが付着した状態の脂肪肝(しぼうかん)という病気は、肝硬変や脳ミソ梗塞を始めとする様々な健康障害の元凶となる可能性があるのだ。

夏、屋外で紫外線を浴びたときになるべく肌のダメージを抑える方法を3つ。

1.日焼けした場所を水で冷やす2.沢山スキンケアローションをはたいてきちんと潤いを保つ3.シミをつくらないために捲れてきた表皮をむいてはいけない吐血と喀血は口からの出血に違いはありませんが、喀血は咽頭から肺をつないでいる気道(呼吸器の一つ)からの出血の事であり、吐血の方は無腸間膜小腸よりも上部にある消化管から血が出る事を指しているのだ。

グラスファイバーでできたギプスは、衝撃に強くて重くないのに長期間間の使用に耐える事ができ、水に濡れても使い続けられるという特長があるので、現在採用されているギプスの中でも主流となっているのだ。

ストレスの常識はは、「溜めてはいけないもの」「排除すべきもの」と敬遠しがちですが、その実、我々は大なり小なりのストレスを感知するからこそ、活動し続ける事に耐えられるのだ。

触れ合う事で、人間が猫の事を愛おしいと感じる事によってオキトキシンが多く分泌されれば、ストレスを軽くしたり癒しなどに繋がっている様だ。

現代の病院の手術室には、レストルームや専用の器械室、手術準備室を備え付け、オペ中に撮影できるX線装置を設けるか、近距離にX線装置用の専門室を用意しておくのが一般的である。

耳の内部構造は、大まかに「外耳」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3種類に分類できますが、この中耳付近にばい菌やウィルスなどがうつり、発赤等の炎症がみられたり、体液が溜まる病を中耳炎と言っている様だ。

500以上もの働きを持つ肝臓に中性脂肪や食物由来コレステロールが付着した状態の脂肪肝(しぼうかん、steatosis hepatis)は、動脈硬化や肝硬変というような多様な健康障害の原因となる可能性があります。

アトピーは「不特定な場所」という意味を持つギリシャ語「アトポス」が由来で、「何かしらの遺伝的因子を保有している人のみにあらわれる即時型アレルギー反応に基づいた病気」に対し名前が付けられた。

不整脈の期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、健康な人にも症状が出現する事があるので重大な病気ではないといわれている様だ。

が、発作が幾度も絶え間なく発生するケースは危ない状態です。

耳の中の構造は、耳殻側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3か所に分類できますが、この中耳の近くに細菌やウィルスがうつり、炎症が発症したり、液体が滞留する病気を中耳炎と言いる様だ。

うつ病というのは脳ミソの中で分泌される神経伝達物質である「セロトニン」が足りず、憂うつ感、なかなか寝付けない不眠、著しい疲労感、食欲不振、体重の減少、強い焦燥感、極端な意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、自殺企図などの辛い症状が現れ、2週間以上続きます。

季節性インフルエンザを対策するワクチンでは、現在までの膨大な研究の成果から、ワクチンの対策効果が見通せるのは、注射したおよそ14日後から約5カ月ほどと言う事が分かっている様だ。

美白用の化粧品である事を正式な商品説明でアピールするためには、薬事法担当の厚生労働省に認められている美白の物質(よく用いられるのはアルブチン、こうじ酸の2種類)を取り入れている必須があるらしいのだ。

現代社会に暮らす身の上では、体内には人体に良くない影響を及ぼす化学物質が増加し、さらには己の体内でも老化を促進する活性酸素などが次々と発生していると喧伝されているようだ。